WordPressが使える無料レンタルサーバー・比較表あり

WordPress 無料 サーバー WordPress

ワードプレスが使える無料のレンタルサーバーが知りたい!無料のドメインでブログを運営できるところってあるの??
そんな悩みをお持ちの方向けに、比較表を交えながらご紹介します。

ぽけ
マサムネ
ワードプレスを無料で使えるレンタルサーバーをフル活用しちゃってください。
スポンサーリンク

WordPressが使える無料レンタルサーバー

WordPressが使える無料のレンタルサーバーは、実は殆どありません。
少ない中でも、使えそうな無料サーバーをピックアップしました。
それでは、早速ご紹介していきます。(190820時点)

XFREE(エックスフリー)

XFREE(エックスフリー)

容量 1GB~
独自ドメイン
CGI/SSI
PHP
FTP
.htaccess
データベース容量 50MB~
MySQL ○(5個)
広告の表示 なし(プランによって違いあり)
商用利用

XFREEは、人気の「エックスサーバー」が提供しているサービスです。
エックスサーバーは、管理画面が使いやすいで有名ですが、XFREEも無料なのにも関わらず管理画面が見やすく使いやすい印象です。

3つのプランが用意されていますが、WordPressを使うならデータベース容量が100MBの「WordPress機能」になるかと思われます。

ちなみに、WordPressをインストールする際に、XFREEのサブドメイン(無料ドメイン)も付与されるので、無料ドメインとしてWordPressでブログなどを始めることができます。

XFREEを使う場合の流れについては、「XFREEでWordPressを使う場合の流れをまとめておきます。」でも解説しています。

 

StarServer Free(スターサーバーフリー)

スターサーバーフリー

容量 2GB~
独自ドメイン
CGI/SSI
PHP
FTP
.htaccess
データベース容量 50MB
MySQL ○(1個)
広告の表示 なし(プランによって違いあり)
商用利用

スターサーバーフリーは、元々WPblogというサービス名で運営されていたものです。
こちらもXFREEのように、3つのフリープランが選択できるようになっています。
WordPress等を使用する場合は、MySQLが利用可能な「フリーPHP+MySQL」というプランへ申し込む必要があります。

プラン選択画面

データベース容量(制限値)50MBを考えると、100MBのXFREEのほうに分がありそうですね。

こちらもサーバーの新規取得お申し込みの際に、初期ドメインとしてスターサーバーのサブドメインがURLとして使用できるので、無料ドメインでWordPressサイトやブログを運営することができます。

スターサーバーフリーを使う場合の流れについては、「スターサーバーフリーの使い方・登録から無料プランを申込むまでの流れ」でも解説しています。

 

XREA(エクスリア)

XREA

容量 1GB
独自ドメイン
CGI/SSI
PHP
FTP
.htaccess
MySQL(データベース) ○(1個)
広告の表示 あり
商用利用

XREAは、GMOが提供する無料のレンタルサーバーです。
GMOといえば、WEB系の色々なサービスを運営している大手ですね。
カラーミーショップというネットショップ開業サービスもそのひとつですが、それについてはまた別の機会にお話させて頂きますね。

少し気になる点は、広告の表示についてです。
XFREEは、基本的にスマートフォンのみ広告が表示されるのに対し、XREAはPC・スマホどちらにも広告が表示されてしまうという点です。

無料レンタルサーバーを使用するにあたり、広告表示は当たり前のようなものなので、避けては通れませんが、広告が気になる人は少しでも表示されにくいXFREEが良いかもしれません。

WordPressが使える無料レンタルサーバー・比較表

上記でご紹介した無料レンタルサーバーを比較してまとめたものです。
よろしければご参考にしてください。

XFREE スターサーバーフリー XREA
容量 1GB~ 2GB~ 1GB
独自ドメイン
CGI/SSI
PHP
FTP
.htaccess
データベース容量 50MB~ 50MB
MySQL ◯(5個) ◯(1個) ◯(1個)
広告の表示 なし(プランによる) なし(プランによる) あり
商用利用

※ご覧いただくタイミングによっては、情報が異なる場合がございます。詳細はサービス元をご確認ください。

まとめ

今回は「WordPressが使える無料レンタルサーバー」をテーマにお話させて頂きました。
ご覧いただいた通り、無料サーバーは容量なども少なくできることに限りがあります。
そういったデメリットも把握した上で、使用することになるでしょう。

昨今では、WordPressでブログやホームページ作成を行う場合、長期運営が求められる時代です。
そう考えると無料のレンタルサーバーを使用する場合は、試験的に運用するケースや趣味や練習(勉強)などで活用されることがベターな気がします。

WordPressやプラグインのアップデートのテスト環境としても使用できるかもしれません。

WordPress
スポンサーリンク
マサムネ

フリーランスとして独立しブログ運営に勤しんでいる元WEBデザイナー。
記事を書くのって大変だけど色々な気付きがあって楽しい!
虚弱で家族に迷惑をかけてきたので、どんな親孝行ができるかプラン思考中。
日々穏やかでストレスを溜めない生活を心がけています。
フリーランス10年/ブログ10年/コンテンツSEOからの月収6桁達成
詳しいプロフィールはこちら

マサムネをフォローする
ぽけぶ
タイトルとURLをコピーしました