Office365がインストールできない・進まない時の対処方法とは?

office365 インストールできない 進まない Windows10

Microsoft365(旧Office365)をインストールしようとしたら何故かできない!途中から進まなくなった!普通にインストールしているだけなのに・・仕事で使うから困る、早く解決したい。
そんな方のために、僕がおこなった対処方法をシェアさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)のインストール

今回ご紹介するのは、「Office365 Solo」をWindows10にインストールする方法になります。

※「Office 365 Solo」は、2020年4月22日より「Microsoft 365 Personal」という新しい名前に変わりました。

僕は、これまで3回ほどOffice365 Soloのインストールをしたことがあるのですが、通常は以下の方法でおこなうことができます。

通常のインストール方法

まず、Microsoftアカウントページにサインインします。

サインインすると、下図のようにOffice365 Soloのインストール案内がされているので、クリックします。

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)インストールする

 

「Office 365 Solo のダウンロードとインストール」というポップアップ画面が表示されるので、インストールするをクリックしファイルを保存してください。

Microsoft 365 Personal(旧Office 365 Solo)のダウンロードとインストール

 

保存すると下図のようなアイコンが確認できるかと思います。
ダブルクリックでインストールを開始します。

Office365soloセットアップファイル

あとは、案内にしたがってインストールを完了していきます。

ぽけ
マサムネ
通常は上記の方法でインストールできるはずですが(3回確認済み)、稀にパソコンやネット環境などの原因で、すんなりインストールできない場合があります。

 

Office 365 Soloがインストールできない原因

主に以下のようなことが考えられます。

  • 既にインストールされている
  • バックグラウンドで不具合が起きている
  • ネット環境が悪い

 

既にインストールされている

すでにOfficeソフトがインストールされている場合です。
この場合、上手くインストールできない場合があるので、既存のものをアンインストールする必要があります。

プログラムのアンインストールの方法については、「Windows10・プログラム(アプリ)をアンインストールする方法」をご確認ください。

Microsoft Officeの場合、プログラムからアンインストールしても完全に削除できず、場合によっては新たなOffice365 Soloが上手くインストールできないようです。
その場合、Microsoftが案内しているツールを活用する流れとなります。
PC から Office をアンインストールする – Office サポート

 

バックグラウンドで不具合が起きている

バックグラウンドプロセスを確認することで、今パソコンでどんなアプリが使われていて、CPUやメモリなどどのくらい負荷がかかっているのか等の、状況を確認することができます。

バックグラウンドプロセスの状況を確認する方法については「Windows10・アプリの負荷状況(メモリやCPU等)を確認する方法」をご参考にしてください。

例えば、Office365 Soloをインストールする前に、プロセス内で何らかのMicrosoft Office系が起動している場合、うまくインストールできずおかしな挙動になってしまうケースがあります。

そういった場合は、原因と思われるバックグラウンドプロセスを終了してから、再インストールすることで正常に進む場合があります。
(下図はサンプルイメージです)

バックグラウンドプロセスのサンプル画像

 

ネット環境が悪い

Office365 Soloのインストールをスムーズに行うには、インターネット環境も影響してくる場合があります。

僕の場合ですが、その時たまたまネット環境が不安定で速度が出ない状況で、数時間経ってもインストールが完了せず、3時間ほど経過したところで中断されてしまいました。

ネット環境が悪い場合は、快適に行える環境が一番ですが、難しい場合は、オフラインでインストールする方法もあります。
僕はこのオフラインの方法でスムーズに行うことができました。

Office オフライン インストーラーを使用する場合

スポンサーリンク

 

ぽけ
マサムネ
オフラインといっても、インストーラーをダウンロードするにはインターネット環境が必要です。僕の場合、インストーラーをダウンロードするのに3.5GBくらいかかりました。

 

まず、Microsoftアカウントページにサインインします。

サインインすると、下図のようにOffice365 Soloのインストール案内がされているので、クリックします。

Office 365 Soloインストールする

 

「Office 365 Solo のダウンロードとインストール」というポップアップ画面が表示されるので、「その他のオプション」を選択します。

その他のオプションを選択

 

次に、オフライン インストーラーをダウンロードする、にチェックをいれます。

オフライン インストーラーをダウンロードする

 

チェックをいれたらダウンロードをクリックします。

ダウンロードをクリック

 

ダウンロードすると下図のようなアイコンが表示されているかと思いますので、ダブルクリックをします。

O365HomePremRetail.img

 

仮想ドライブのフォルダが表示されるかと思いますので、Officeフォルダ内の中にあるSetup(32か64).exeでセットアップを行います。

Setup64.exe

32か64のどちらのバージョンか不明な場合は、パソコン購入時の製品仕様書や購入履歴などで確認することもできます。
上記の確認方法が難しい場合は「Windows10・32ビット版か64ビット版かの確認方法」をご参考にしてください。

 

インストーラーが正常に起動したら、あとは完了するのを待つだけです。

参考:Office オフライン インストーラーを使用する

 

Officeのサポートにお問い合わせ

上記いずれを行っても解決できない場合は、Officeのサポートに問い合わせをしたほうが早く解決できると思います。

サポート内容は、個人向けと一般法人向けとで多少異なりますが、個人向けでもチャットでのサポートやリモート接続でのサポート等で対応してくれます。

ぽけ
マサムネ

リモート接続などは、Officeサポート担当の方がこちらのパソコンにアクセスし、操作してくれるサポートです。

もちろん必要なところ以外は閲覧されることはありませんし、その操作画面はこちら(あなた)も見れますし、リモートはこちらの都合で接続を終了することもできます。

ただ、リモート接続をお願いする際は、見られたくないファイルや画面などは事前に閉じておくことは必須ですね。

 

まとめ

今回は「office365がインストールできない・進まない時の対処方法とは?」をテーマにお話させて頂きました。
Office系のソフトはけっこう使う機会が多いので、インストールで行き詰まると焦りますよね。

僕の場合は、「Office 365 Soloがインストールできない原因」でお話した中の以下の部分を対処したことで無事インストールを完了することができました。

  • バックグラウンドで不具合が起きている
  • ネット環境が悪い

 

難しいのは、個々にパソコンやネットの環境が違うので、解決策はこれ!と断言したくてもできないことです。
今回、シェアさせていただいた内容が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ネット(オンライン)で収入を得るために押さえておきたいこと
実店舗で売上が安定していても「いつどうなるかわからない」のが現代です。 そのため、売上(収入)の確保をする上でのリスクヘッジは欠かせません。
こちらではインターネットを使ってビジネスをおこなう上で、最低限押さえておきたいポイントや便利なサービスなどをお話いたします。
良かったら「フォロー」してね。
有益な情報を定期的につぶやき中。
お米と味噌汁がすきです…
マサムネ

フリーランスとして独立しブログ運営に勤しんでいる元WEBデザイナー。
記事を書くのって大変だけど色々な気付きがあって楽しい!
虚弱で家族に迷惑をかけてきたので、どんな親孝行ができるかプラン思考中。
日々穏やかでストレスを溜めない生活を心がけています。
フリーランス10年/ブログ10年/コンテンツSEOからの月収6桁達成
詳しいプロフィールはこちら

マサムネをフォローする
Windows10 アプリケーション
スポンサーリンク
ぽけぶ
タイトルとURLをコピーしました