【初心者向け】ホームページ作成(作り方)cssの基礎を身に着けよう!

ホームページ作成 css 作成編

ホームページ作成をする際、HTMLとCSS(スタイルシート)を使うことが一般的です。
今回はCSSの概要や使い方を初心者向けに解説しています。
これからCSSを勉強される人はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

CSSとは

まずはCSSについてです。ご存知の方もいると思うので、簡単にご説明します。
CSSは主にホームページを装飾する時に使用します。
なので、CSSとは「ホームページのデザインの根幹となる部分」と覚えておいてください。

ちなみにCSSは、Cascading Style Sheetsの頭文字をとったもので、スタイルシートとも呼ばれます。
このあたりは覚える必要はありませんが、頭の片隅にでも入れておきましょう。

ぽけ
マサムネ
ホームページの見た目部分は主にCSSで作っているということになります。

HTMLとCSSの関係

CSS単体では、使用することはできません。
HTMLがあることで、CSSが活きてきます。
そのため、CSSを使うときは「HTMLとCSSで1セット」として覚えておきましょう。

HTMLの基礎は「ホームページ作成に必要なhtmlタグを勉強して作り方を覚えよう!」で解説しています。

CSSでデザインする

CSSは主にホームページを装飾する時に使用し、デザインの根幹となる部分とお伝えしましたが、実際の例を参考に見ていきたいと思います。

CSSを使用しない場合

まずは、CSSを使用しない場合の参考例(見え方)です。
以下は、HTMLのみで作られたものです。

HTMLのみで作られたデザイン

りん
りん
シンプルで見やすいけど、なんだか物足りない・・・
ぽけ
マサムネ
うん、HTMLのみで作られたものだとデザイン性に欠けるんだよね。

CSSを使用した場合

次にHTMLとCSSを使用した場合の参考例(見え方)です。

HTMLとCSSを使用したデザイン例

りん
りん
こっちのほうが背景とか下線が入って更に見やすくなったね。
ぽけ
マサムネ
うん、背景や下線、赤文字などはすべてCSSを使ってデザインしている部分だよ。

CSSファイルの作り方

まずは、CSSを使用するためのファイルを作ってみましょう。
ファイルの作り方は簡単です。拡張子を「.css」にするだけです。

CSSファイル

 

  1. メモ帳などを開いて、ファイルをクリック
  2. 名前を付けて保存をクリック
  3. ファイル名を、style.cssにする
  4. 最後に保存をクリック

 

メモ帳などを開いたら、ファイル→名前を付けて保存をクリック。

メモ帳から名前を付けて保存

 

ファイル名を「style.css」にして保存をクリックして完了です。
(styleという部分は任意の文字でも大丈夫です)
例では保存先をtestというフォルダにしていますが、わかりやすくデスクトップなどでも構いません。

拡張子をcssにして保存

 

すると、以下のようなファイルが作成されたかと思います。
(パソコンの環境設定によっては、拡張子(.css)が出ていない場合もあります)

CSSファイル

これで、CSSファイルの完成です。
中身は空っぽなので、次に中身を作っていきます。

拡張子が表示されていない場合は、以下のページをご参考にしてください。

Windows10でファイルの拡張子を表示または非表示にする方法

 

CSS(スタイルシート)を書いてみよう

CSSの書き方はいくつか種類がありますが、今回は一般的に用いられるスタンダードな方法をご紹介します。

まず、作成したCSSファイルを開き、次のように書いてみてください。

h1{
font-size: 18px;
}

 

▼記述した参考例

css記述例

書き終えたら、ファイル→上書き保存をしておきます。

HTMLファイルを準備しよう

CSSを使用する時は、HTMLがセットというお話をしました。
HTMLありきのCSSだと思ってください。
今回は以下のようなHTMLファイルを参考例として準備しました。

<!DOCTYPE html>
<html>

	<head>
	    <meta charset="utf-8" />
	    <title>ここにページのタイトルを入力</title>
	    <meta name="Description" content="ここにページの概要を入力" />

	</head>

	<body>
	    <h1>見出しh1</h1>
	    <p>本文を入力します。本文を入力します。本文を入力します。
	    	<br>本文を入力します。本文を入力します。本文を入力します。
	    </p>

	</body>

</html>

 

HTMLについては「ホームページ作成に必要なhtmlタグを勉強して作り方を覚えよう!」で解説しているので、必要な場合はご参考にしてください。
HTMLファイルの作り方は、CSSファイルを作る時の流れと殆ど一緒です。ひとつ違うのは拡張子を「.html」にします。

今回の説明では、HTMLファイルとCSSファイルは同じ階層(デスクトップ)に置いています。

ファイルは同じ階層へ置く

 

ぽけ
マサムネ
今回の例では、HTMLファイルをsample.htmlというファイル名で作成しています

 

HTMLファイルをブラウザで確認

ブラウザでの確認方法については「ブラウザでの確認方法」をご覧ください。

ブラウザから確認すると、以下のような表示が確認することができます。

HTMLをブラウザから確認

 

CSSファイルを適用してみよう

作成済みのCSSファイルをHTMLに適用させます。
適用させるには、<head>~</head>の間に以下のような記述をおこないます。

<head>
<link rel="stylesheet" href="style.css">
</head>

 

href=”ここにCSSファイル名を書く”

 

▼実際に記述したHTMLファイルの例

<!DOCTYPE html>
<html>

	<head>
	    <meta charset="utf-8" />
	    <title>ここにページのタイトルを入力</title>
	    <meta name="Description" content="ここにページの概要を入力" />

	    <link rel="stylesheet" href="style.css">
	</head>

	<body>
	    <h1>見出しh1</h1>
	    <p>本文を入力します。本文を入力します。本文を入力します。
	    	<br>本文を入力します。本文を入力します。本文を入力します。
	    </p>

	</body>

</html>

 

HTMLファイルをブラウザで確認

CSSファイルを適用したら、再度ブラウザで確認してみてください。
以下のように、見出しh1の文字が小さくなっていることに気づくかと思われます。

CSS適用時のHTMLファイルをブラウザで確認

このように、CSSを使うことで文字のサイズを変更することが簡単におこなえます。
以降で、CSSの書き方について詳しく解説します。

CSS書き方の説明

まずは、今回準備したCSSの解説をします。
以下のイメージ画像をご覧ください。

CSSの説明1

HTMLタグに対して、CSSで命令をしているイメージと思ってください。
上記では、「HTMLタグ<h1>に対して、フォントサイズを18pxに変更」という命令(記述)をしています。

 

また、CSSで命令をしたいタグのことを「セレクタ」といい、変更したい項目を「プロパティ」、そのプロパティを決めるものを「値」といいます。

CSSの説明2

プロパティには、様々なものが存在し、値もプロパティに対して様々な種類があります。

文字の色を変更してみよう

前項を踏まえて、今度は本文の文字色を赤に変更する場合、以下のようなCSSを記述します。

h1{
font-size: 18px;
}

p{
color: red;
}

 

ぽけ
マサムネ
CSSファイルを開いて、上記のように記述してみてください。上書き保存も忘れないようにしましょう。

 

HTMLファイルをブラウザで確認

HTMLファイルをブラウザで確認してみてください。
本文の部分が赤色になっていたら、CSSがしっかりと適用されている状態です。

CSSで文字を赤色にしたところをブラウザで確認

 

先程のおさらい(以下画像)をすると、「HTMLタグ<p>に対して、文字を赤色に変更」という命令(記述)を行うことで、本文の文字色を赤に変更しています。

CSSの説明4

 

ぽけ
マサムネ
redの部分を「green」にすると緑色の文字色に変わるよ。また色の指定は、カラー名(green)以外にも「16進数(#008000)」など変更の仕方はいくつか存在します。

リンクの色を変更する場合

通常、HTMLでリンクを貼ると初期状態ではテキストの色が青色となりますが、以下のようなCSSを記述することで色を変更できます。

a{
color:#008000;
}

 

リンクを下線を消す場合

リンクの下線を消したい場合もあると思います。
下線を消す場合は、以下のようなCSSを記述します。

a{
color:#008000;
text-decoration:none;
}

 

まとめ

今回は「【初心者向け】ホームページ作成(作り方)cssの基礎を身に着けよう!」というテーマで、初めてCSSを触れる初心者の方向けにお話させていただきました。

文字色の変更や文字サイズの変更以外にも、CSSで出来ることは沢山存在します。
プロパティや値については、プロでもすべて把握できないほどです。
本当に習得しようとしたらかなり時間を要するかもしれません。

ですが、CSS(スタイルシート)を使えるようになると、ホームページデザインの幅がすごく広がるので楽しくなります。
ぜひ基礎から勉強してチャレンジしてみてくださいね。

便利なホームページ作成ツール

【選び抜きました!ホームページ無料作成サービス・有料あり】
コスパが良いと思われるホームページ作成サービスをまとめてみました。

良かったら「フォロー」してね。
有益な情報を定期的につぶやき中。
お米と味噌汁がすきです…
マサムネ

フリーランスとして独立しブログ運営に勤しんでいる元WEBデザイナー。
記事を書くのって大変だけど色々な気付きがあって楽しい!
虚弱で家族に迷惑をかけてきたので、どんな親孝行ができるかプラン思考中。
日々穏やかでストレスを溜めない生活を心がけています。
フリーランス10年/ブログ10年/コンテンツSEOからの月収6桁達成
詳しいプロフィールはこちら

マサムネをフォローする
作成編
スポンサーリンク
ぽけぶ
タイトルとURLをコピーしました