【解決済】Windows10・niftyセカンドメールの設定方法

windows10 nifty セカンドメール設定 メールアドレス

Windows10に入っているメールアプリで「nifty(ニフティ)のセカンドメール」を使用する場合の設定方法をお話します。
パソコンにあまり詳しくない初心者の方にも、わかりやすく画像を用いて解説します。

※閲覧いただく環境やタイミング等によっては、情報が異なる場合がございます。ご了承ください。

スポンサーリンク

Windows10/メールアプリを起動

まず初めに、Windows10のパソコンに入っている「メールアプリ」を起動します。

デスクトップ左下の検索窓に「メール」と入力すると、メールアプリが表示されるので「開く」をクリックしましょう。

検索窓からメールアプリを開く

検索窓(ボックス)が見当たらない場合は、以下で表示する方法をご紹介しているので、ご参考にしてください。

 

「アカウントの追加」が表示されるので、詳細設定をクリックします。

詳細設定をクリック

 

次に、詳細設定です。
「インターネットメール」を選択します。

インターネットメールを選択

 

すると、「インターネットメールアカウント」が表示されます。
この部分に、niftyのセカンドメールの情報を入力し設定していきます。

@niftyメールとセカンドメールの設定方法は異なるので、この部分でつまずく人が多いかもしれません。僕もそのひとり。

Windows10 メール アカウントの追加

 

以下のような形で情報を入力していきます。

メールアドレス メールアドレスを入力
ユーザー名 メールアドレスを入力
パスワード メールパスワードを入力
アカウント名 任意で入力
この名前を利用して
メッセージを送信
名前を入力(メールアドレスでもOK)
受信メールサーバー mb*.nifty.com
アカウントの種類 pop3
メールの送信
(SMTP)サーバー
mb*.nifty.com

※受信メールサーバー、メールの送信(SMTP)サーバーは、メールアドレスの@以降を入力します。

 

最後にチェックする項目があるので、

チェックを確認してサインイン

「受信メールにはSSLが必要」と「送信メールにはSSLが必要」のチェックを外してから、「サインイン」をクリックします。

 

「サインイン」をクリック後、以下の表示になると思うので、「完了」をクリック。

アカウントは正常にセットアップされました

 

下図のように形でアカウントが追加されて、メールが起動したらOKです。

アカウントが無事追加される

 

しばらくすると、メールが受信され始めます。

受信トレイにメールが同期される

後は念の為、メールの送信テストなどもおこない、問題なく送信されていればメール設定は完了です。

メールが受信されない/同期されない

しばらく経ってもメールが受信されなかったり、送信メールが送れない、などの症状が続く場合は「インターネットメールアカウント」設定時で、入力した情報に誤りがある可能性がありますので、正しい情報を設定する必要があります。

以下のようなエラーメッセージが表示される場合もあります。
「アカウント○○○にアクセスできませんでした。このデバイスと同期するには、パスワードを更新するか、アカウントのアクセス許可を付与する必要があります。」

アカウントの再設定

メールの設定内容を修正する場合は、メール画面の左下付近にある「歯車アイコン」をクリックします。

メール画面の歯車アイコンをクリック

 

すると、「設定」が表示されるので「アカウントの管理」をクリックします。

アカウントの管理

 

次に、設定を編集するアカウントを選びます。

設定を編集するアカウントをクリック

 

「アカウントの設定」が表示されるので、パスワードを編集することができます。

パスワード編集画面

 

その他の編集については、「メールボックスの同期設定の変更」をクリックし、

メールボックスの同期設定を変更

 

「メールボックスの詳細設定」をクリックします。

メールボックスの詳細設定

 

受信メールサーバーやチェックボックスなどの項目が表示されるので、適宜編集をおこなうことができます。

詳細設定の変更

アカウントの削除

上記以外の設定を編集される場合は、「アカウントの削除」をクリックし、再度アカウントを初めから追加する形になります。

アカウントの削除

 

別のアカウントを追加する場合は、アカウントの管理→「アカウントの追加」からおこなうことも可能です。

アカウントの追加

おまけ:@niftyメールの設定方法とは

ここまでniftyセカンドメールの設定方法をメインに説明してきましたが、@niftyメールの設定方法についても基本的に流れは変わりません。

アカウントの追加をする際の設定情報が多少異なります。

@niftyメールの場合は、以下のような形で情報を入力していきます。

メールアドレス メールアドレスを入力
ユーザー名 @nifty ID
パスワード メールパスワードを入力
アカウント名 任意で入力
この名前を利用して
メッセージを送信
名前を入力(メールアドレスでもOK)
受信メールサーバー pop.nifty.com
アカウントの種類 pop3
メールの送信
(SMTP)サーバー
smtp.nifty.com

チェックを入れる項目は、セカンドメール同様に「受信メールにはSSLが必要」と「送信メールにはSSLが必要」のチェックを外してから、「サインイン」をクリックします。

チェックを確認してサインイン

最後に

今回は「Windows10・niftyセカンドメールの設定方法」をテーマにお話しました。
メールの設定情報さえ、しっかりと押さえておけば特に難しいことはありません。
後は本記事でご説明した流れ通りです。

上手くいかなくてお困りの方のご参考になれば幸いです。

良かったら「フォロー」してね。
有益な情報を定期的につぶやき中。
お米と味噌汁がすきです…
マサムネ

フリーランスとして独立しブログ運営に勤しんでいる元WEBデザイナー。
記事を書くのって大変だけど色々な気付きがあって楽しい!
虚弱で家族に迷惑をかけてきたので、どんな親孝行ができるかプラン思考中。
日々穏やかでストレスを溜めない生活を心がけています。
フリーランス10年/ブログ10年/コンテンツSEOからの月収6桁達成
詳しいプロフィールはこちら

マサムネをフォローする
メールアドレス
スポンサーリンク
ぽけぶ
タイトルとURLをコピーしました