windows10でもInternet Explorerは使えます。使用方法と便利な設定

インターネットエクスプローラーwindows10 Internet Explore ブラウザ

windows10でInternet Explorerが見当たらない、、インターネットエクスプローラーが消えた!?もう使えないの??。
そんな疑問にお答えします。

ぽけ
マサムネ
windows10でもInternet Explorer11は使えますよ。
スポンサーリンク

windows10でInternet Explorer11の使い方

windows10でInternet Explorer11を使うには、主に以下の方法からできます。

  • Windowsアクセサリの中から選択する
  • Cortana(コルタナ)から検索する
  • Microsoft Edge起動時に開く

 

以降で詳しく解説します。

Windowsアクセサリの中から選択する

スタートメニューから、「Windowsアクセサリ」→「Internet Explorer」をクリックします。

windowsアクセサリからのIE

  1. スタートメニューをクリック
  2. Windowsアクセサリを探してクリック
  3. Internet Explorerをクリックして起動

 

すると、初めてInternet Explorerを起動した場合、以下のような画面になるので、「おすすめのセキュリティと互換性の設定を使う」にチェックを入れてOKを押します。
※不安な方は、後で確認するでスルーしても大丈夫です。

Internet Explorer11の設定

 

これで、Internet Explorerを使用することができます。
これまで通りYahoo!Japanなども閲覧できます。

Internet Explorerから開いたヤフージャパン

 

Cortana(コルタナ)から検索する

スタートメニューから見つからない場合は、Cortana(コルタナ)から検索をかけてみましょう。

以下イメージの赤枠エリアをクリックすると、検索窓が表示されます。

 Cortana(コルタナ)から検索

 

検索窓に「Internet Explorer」と入力すれば、おそらく検索結果に表示されると思いますので、クリックすれば起動できます。

 Cortana(コルタナ)からInternet Explorerを検索

 

Microsoft Edge起動時に開く

Microsoft Edgeを起動している状態で、Internet Explorerを開くことも可能です。

Microsoft EdgeのブラウザからInternet Explorerを起動

  1. 「・・・」のボタンを押す
  2. 「Internet Explorerで開く」をクリック

 

おまけ:Internet Explorerをすぐに起動させる

以下のような形で、ピン留め機能を使うと便利です。

タスクバーにピン留めする

  1. Internet Explorerのアイコンの上で、右クリック
  2. タスクバーにピン留めするをクリック

 

こうすることで、タスクバーにInternet Explorerを開いていない時でも、常にアイコンを表示させることができるので、次回の起動も簡単です。

タスクバーにInternet Explorerが追加される

最後に

今回は「windows10でInternet Explorerを使用する方法」というテーマでお話させていただきました。

windows7→10にしたばかりだと、戸惑う場合もありますが、一度覚えてしまえばとっても簡単です。

ただ、「ブラウザとは?おすすめのブラウザもご紹介しますね。」でお話している通り、Internet Explorerはあまりおすすめはできないので、特別な理由がない限り、他のブラウザを使用することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました